庭ツク

素人がガーデニングはじめました

 

 

 

TOPページ ver21.12

ここは素人のガーデニングによるグリーンチャレンジの記録場です
 
無農薬でのガーデニングと家庭菜園

環境再生型栽培【NoDig】ノーディグ栽培実験中
 
誰かのガーデニングライフのお役に少しでもなれたら幸いです
 

 
Menu.
 
 
PR : amazonお得情報

丘の菜園で畑仕事2022年1月9日 菜園づくり

 

2022年1月9日の作業風景

環境再生型栽培【NoDig】ノーディグ無農薬栽培実験中

丘の菜園では畑を植物性有機堆肥とウッドチップでマルチングしながら雑草に苦しまない無農薬での野菜栽培を行っています。

 

f:id:RitsGreen:20220123052317p:plain

 

丘の菜園に向かう途中の風景です。

2022年の初めて丘の菜園へ。

富士山は今日もきれいです。

 

f:id:RitsGreen:20220123054429p:plain


丘の菜園に到着

霜が降りる時期は下が緩くなってハイゼットジャンボさんは丘の菜園まで登ってこれませんでした

朝晩の冷え込みが厳しいこの頃ですが、この丘の菜園では陽の当たる日中は作業を行うには十分に暖かい

手前に積んであるのは植物性有機たい肥と最高のウッドチップ

僕が来られない間に父様をはじめ多くの人が協力していただいて菜園づくりに使う資材の準備をしてもらい本当に感謝です。

 

f:id:RitsGreen:20220123064440p:plain


作業前の癒しの風景

車で上がってくる通路に先日降った雪が残っています。

 

f:id:RitsGreen:20220123121355p:plain

 

到着後のルーテーンチェック。

柵の中に獣が侵入した形跡はなし。

雑草は植物性有機堆肥とウッドチップでマルチングしているところはほぼ出ていない状況です。

 

f:id:RitsGreen:20220123121557p:plain

 

畝に霜が降りています

 

f:id:RitsGreen:20220123122032p:plain

 

作業前のコーヒーブレイク。

一段下の近所の方の家庭菜園です。

所々に霜よけの笹が備えられているのが見えます

さてうちの野菜さんたちの観察をしていきましょう。

 

f:id:RitsGreen:20220123122713p:plain

 

タマネギ苗のベットです

しっかり根付いて春に復活することを期待します。

 

f:id:RitsGreen:20220123122936p:plain

 

ニンニクと葉物のベットです

葉物類は菜園の準備の関係で植え付け時期が遅くなったのでうまくいかなかったのは想定内

このベットのニンニクは種が小さめのものが多かったところです。

 

f:id:RitsGreen:20220123123834p:plain

 

ニンニクのベットです

ホワイト六篇

ジャンボニンニク

紫ニンニク

 

f:id:RitsGreen:20220123124058p:plain

 

ホームタマネギのベットです

植え付け時の圧着が十分ではなかったので惨敗

そのまま経過観察中です。

 

f:id:RitsGreen:20220123125004p:plain


奥から見た菜園。

少しづつ菜園の準備を進めていきます。

 

f:id:RitsGreen:20220123125432p:plain


今回も近隣ダムのウッドチップと近隣町の植物性有機堆肥を使って1ベット追加しました。

 

f:id:RitsGreen:20220123125857p:plain

 

今回で畝8/15完成です

 

f:id:RitsGreen:20220123130308p:plain

 

下の段の畑の様子です

近隣の方が慣行農法で行っている家庭菜園ですが立派な野菜がたくさん育っています。

 

f:id:RitsGreen:20220123130622p:plain

 

菜園つくり進めつつ春栽培の計画も建て始めています

僕はこの『どんなものをどのように作るか』の栽培計画を建てている時がとても楽しいです。

 

Menu.はこちらへ

 

庭づくりの記録 雑木の庭の風景2022年1月

 

無農薬無肥料ガーデニングの雑木の庭づくりの記録です。

 

雑木の庭の風景2022年1月お気に入りショット

 

f:id:RitsGreen:20220108083809p:plain

 

新年を迎えました。

落葉樹が葉を落とし庭の風景は秋から冬へ。

 

f:id:RitsGreen:20220108114900p:plain

 

出入口側から見た南側の庭の風景

 

f:id:RitsGreen:20220108114950p:plain

 

南側の庭の風景1

 

f:id:RitsGreen:20220108115033p:plain

 

南側の庭の風景2

 

f:id:RitsGreen:20220108115138p:plain

 

西側シェードガーデン入口からの風景

 

f:id:RitsGreen:20220108115236p:plain

 

西側シェードガーデンの風景1

 

f:id:RitsGreen:20220108115321p:plain

 

西側シェードガーデンの風景2

 

f:id:RitsGreen:20220108115407p:plain

 

出入口へ向かう南側の庭の風景

 

f:id:RitsGreen:20220108115508p:plain

 

南側、黒メダカの睡蓮鉢ビオトープ

 

f:id:RitsGreen:20220108115543p:plain

 

西側、白メダカの睡蓮鉢ビオトープ

 

f:id:RitsGreen:20220108115645p:plain

 

家庭菜園1

植物性有機堆肥での無農薬無肥料栽培エリア

 

f:id:RitsGreen:20220108115731p:plain

 

家庭菜園2

レイズドベッド

無農薬無肥料栽培エリア

 

f:id:RitsGreen:20220108115936p:plain

 

家庭菜園3

レイズドベッド

無農薬無肥料栽培エリア

 

Menu.はこちらへ

 

なんで僕が無農薬無肥料での野菜栽培に挑戦するのか?

 
僕は植物性有機たい肥とウッドチップで畑全体を覆いながら雑草に困らない無農薬無肥料での野菜栽培、海外では環境再生型農業NODIG(ノーディグ)やNOTILL(ノーティル)と呼ばれる栽培方法に挑戦しています。
 

f:id:RitsGreen:20211227062328p:plain

 
先日、菜園の準備を手伝ってもらっている父親から
『今の時代の日本で作られる農薬はそんなに悪いものは入っていないのでは?』
『肥料も有機のものなら体に悪いことはないのでは?』
 
指摘されて改めて考えさせられた。
 
農薬はよくないから無農薬で野菜を作りたい。
はじまりは漠然と僕が目指した思いだ。
 
ここからは大いに私見であり自分の考えを正当化するつもりもその他のものを否定するつもりも全くないことをはじめに断っておきたいと思います。
 
父親の疑問その1
『今の時代の日本で作られる農薬はそんなに悪いものは入っていないのでは?』
 
一般的にはオーガニック栽培という考え方において日本の農薬に使われている成分は海外の基準に照らし合わせるかなり劣っているといわれている。
要するに日本のオーガニックの基準が低く海外に比べると遅れているということです。
しかし日本の農薬は本当に体に悪いものなのか?
個人的には人体には大きく影響を及ぼすようなものではないと思います。
もしそうなのだとしたら医学や医療制度のレベルなども勘案されるものではあるが海外と比較して日本人は短命で農薬などを使っていなかった昔の日本人はもっと長寿だったのではないか?と思ってしまいます。
 
父親の疑問その2
『肥料も有機のものなら体に悪いことはないのでは?』
 
自然由来の天然成分で作られる有機肥料に関しては人体に悪い影響があるとは考えづらいと思います。
肥料をつかえば野菜は大きく育つのも疑いようのない事実です。
肥料の研究が日々進み野菜は早く大きく栽培できるようになりました。
農家の方々の労力削減と食品の安定的な供給そして消費者のニーズに応えるために肥料は進化して来たのだと思います。
 
では今なぜ僕が無農薬無肥料栽培を目指すのか?
 
農薬にしても肥料にしても栽培効率を向上させる為の化学の進化だと思います。
人体に及ぼす影響に関しても継続して改善が進められているため時を追うごとに悪影響も少なく良いものになっていると思われます。
 
ただ、これらの進化は人間の都合を優先する為のものであると僕は考えます。
 
人視点ではなく自然界からの視点で考えてみると少なからず農薬は地上部の肥料は土中微生物の生態系によろしくはない影響を及ぼしていると思っています。
 
そう考えると、SDGs等で様々な環境問題が叫ばれるなかで食品の栽培方法に関しても僕は疑問を感じました。
 
人の都合ばかりを優先するのではなく自然環境に寄り添う栽培方法を試したい。
 
生業として農に携わられている方々とは違い気ままに楽しむ家庭菜園レベルだからできることかもしれません。
 
ある自然栽培を行っているの方の記事で『肥料を使って育てた野菜は野菜の味ではなく肥料の味がした』と書かれているのを目にしたことがあります。
 
正直に言うと僕は野菜があまり好きではありません。
 
なので僕には無農薬無肥料で栽培した野菜の味の違いが判らないかもしれません。
 
ただ、僕の身近にいる人たちにより安全で環境に配慮した栽培方法で作られた野菜で野菜本来の味というものを感じてもらえたら嬉しい。
 
だから僕は環境再生型農業NODIG(NOTILL)の栽培方法で無農薬無肥料栽培に挑戦します。
 
 

丘の菜園で畑仕事2021年12月19日 菜園づくり

 

2021年12月19日の作業風景

環境再生型栽培【NoDig】ノーディグ無農薬栽培実験中

丘の菜園では畑を植物性有機堆肥とウッドチップでマルチングしながら雑草に苦しまない無農薬での野菜栽培を行っています。

 

f:id:RitsGreen:20211222132425p:plain

 

丘の菜園に向かう途中の風景です。

2週連続での菜園づくりです。

今日も富士山がきれい。

 

f:id:RitsGreen:20211222133228p:plain

 

丘の菜園に到着

今日もハイゼットジャンボさんと来ました。

少しづつ使い勝手の良い軽トラにDIYでカスタマイズしたいです。

先週までで2列が完成。

3列目の作成に取り掛かるところでしたが問題が発生していました。

畝に敷く植物性有機堆肥は近隣町のセンターの方から春までの分を調達できていたのですが畝間部分に敷くウッドチップの調達の予定が狂い不足する事態になっていました。

しかし、父様の尽力のおかげで最高のウッドチップを入手できることに。

ブルーシート脇の土嚢袋で搬入されているのがそれです。

 

f:id:RitsGreen:20211222134322p:plain


これがその最高のウッドチップです。

今までのは剪定枝のウッドチップを利用していました。

今回のは近隣ダムの流木チップです。

この流木チップなんと無料!

 

f:id:RitsGreen:20211222134615p:plain

 

こちらは流木チップが1~2年経過して自然に堆肥化した状態のものです。

何も加えられずに経年醗酵した天然の堆肥。

僕的には理想的なものです。

使用方法を模索して利用したいと考えています。

 

f:id:RitsGreen:20211222135344p:plain

 

作業前の癒しの風景

今日も母様がお手伝いに登場です。

 

f:id:RitsGreen:20211222135701p:plain

 

到着後のルーテーンチェック。

柵の中に獣が侵入した形跡はなし。

雑草は植物性有機堆肥とウッドチップでマルチングしているところはほぼ出ていない状況です。

 

f:id:RitsGreen:20211222135823p:plain

 

寒さが厳しくなってきて野菜の成長も休眠ぎみです。

経過観察は継続していきます。

 

f:id:RitsGreen:20211222141947p:plain

 

作業前のコーヒーブレイク。

一段下の近所の方の家庭菜園です。

いつ見ても凄いですね。

さてうちの野菜さんたちの観察をしていきましょう。

 

f:id:RitsGreen:20211222140403p:plain

 

葉物とニンニクホワイト六篇小粒種のベットです。

 

f:id:RitsGreen:20211222140804p:plain


玉ねぎの苗植えのベットです。

しっかり根付いて春には元気になってほしいです。

 

f:id:RitsGreen:20211222140931p:plain


ニンニクのベットです。

ホワイト六篇

紫ニンニク

ジャンボニンニク

 

f:id:RitsGreen:20211222141121p:plain


ホーム玉ねぎのベッドです。

僕の勉強不足でちゃんと育ててあげれなくて申し訳ない気持ちです。

 

f:id:RitsGreen:20211222141541p:plain


奥から見た菜園。

左手の2列目は春の植え付けを待っています。

 

f:id:RitsGreen:20211222142329p:plain

 

近隣ダムのウッドチップと近隣町の植物性有機堆肥を使って1ベット追加しました。

 

f:id:RitsGreen:20211222142550p:plain

 

ベッドつくりも3列目に突入

折り返し地点に差し掛かっています。

 

f:id:RitsGreen:20211222143035p:plain


菜園づくりも春までに完成する目途が立ってきました。

春野菜の栽培計画も立てながら無理なく楽しんでいきたいと思います。

本格的なノーディグによる野菜の無農薬栽培実験はこれからです!

 

Menu.はこちらへ

 

丘の菜園で畑仕事2021年12月11日 菜園づくり

 

2021年12月11日の作業風景

環境再生型栽培【NoDig】ノーディグ無農薬栽培実験中

丘の菜園では畑を植物性有機堆肥とウッドチップでマルチングしながら雑草に苦しまない無農薬での野菜栽培を行っています。

 

f:id:RitsGreen:20211215125146p:plain

 

丘の菜園に向かう途中の風景です。

前回から2週間ぶりです。

こちらに来るたびに富士山がきれいに見えます。

冬の富士山は奇麗ですね。

 

f:id:RitsGreen:20211215130243p:plain

 

丘の菜園に到着

ここは陽当たりがよく風がないとあまり寒さも感じません。

今回からハイゼットジャンボさんで来られるようになりました。

ブルーシートに覆われているのが植物性の有機堆肥です。

今週1トン入手できたので菜園づくりを進めていきます。

 

f:id:RitsGreen:20211215130931p:plain

 

癒しの風景です

 

f:id:RitsGreen:20211215131428p:plain

 

到着後のルーテーンチェック。

柵の中に獣が侵入した形跡はなし。

雑草は植物性堆肥とウッドチップでマルチングしているところはほぼ出ていない状況です。

 

f:id:RitsGreen:20211215131856p:plain

 

葉物類の被害が継続中。

経過を観察するためにそのまま放置します。

失敗を教訓にしながら栽培方法の模索を続けます。

手前右のベットが前回植え付けた玉ねぎの苗です。

 

f:id:RitsGreen:20211215132337p:plain

 

作業前のコーヒーブレイク。

一段下の近所の方の家庭菜園です。

相変わらずスゴい。

このあいだダイコンを頂きました。

ご近所さんに感謝です。

さてうちの野菜さんたちの観察をしていきましょう。

 

f:id:RitsGreen:20211215133240p:plain

 

前回植え付けを行った玉ねぎの苗です。

よいのかどうなのかよくわからなくて心配していましたが畑主様のお話だとこの時期はこんなもんだということでちょっと安心しました。

 

f:id:RitsGreen:20211215133710p:plain


こちらは葉物と小粒種のホワイト6片のベットです。

ニンニク頑張ってますね。

 

f:id:RitsGreen:20211215134150p:plain

 

こちらはニンニクのベットです。

手前から、ジャンボニンニク、紫ニンニク、ホワイト6片。

植え付けるときに堆肥の圧着がが十分ではなかったので根付きを心配していましたがなんとなく育ってくれています。

植物性有機堆肥がフカフカになり過ぎているのです。

植え付け時の圧着をしっかり行うことが大切です。

 

f:id:RitsGreen:20211215135017p:plain

 

こちらはホーム玉ねぎのベッドです。

ニンニクのベットと同様に植え付け時の圧着が十分ではなかったことが原因と思われますが苦戦中でございます。

このまま経過観察をしていきます。

 

f:id:RitsGreen:20211215135543p:plain


電気柵の外側にハクビシンらしき小さな足跡がありました。

菜園の中には入ってきていないので電気柵の効果を実感します。

 

f:id:RitsGreen:20211215135856p:plain


植物性有機堆肥が手に入ったのでベットを作っていきます。

ダンボールマルチをした上に植物性有機堆肥を敷いていきます。

今回も堆肥の厚さは10センチ。

 

f:id:RitsGreen:20211215140226p:plain


ベッドの植物性有機堆肥慣らし通路にウッドチップを敷いて完成。

だいぶ要領よくベッドを作れるようになってきました。

 

f:id:RitsGreen:20211215140621p:plain

 

ベッドをもう一つ追加。

ここでウッドチップが無くなりました。

調達出来たら通路も整えなきゃです。

 

f:id:RitsGreen:20211215140928p:plain


ほぼ2列が完成した風景がこちらです。

母親と畑主様から『なんとなく畑みたいになってきたね』と褒められ(?)ました。

春までには菜園全体を植物性有機堆肥とウッドチップでマルチングしたいと思っています。

 

f:id:RitsGreen:20211215141232p:plain

 

今週も楽しく菜園づくりができました。

この地域でNODIGはできるのか?

雑草に困らない無農薬での野菜栽培は可能なのか?

まだまだ実験は準備段階でございます。

 

Menu.はこちらへ

 

庭づくりの記録 雑木の庭の風景2021年12月

 

無農薬無肥料ガーデニングの雑木の庭づくりの記録です。

 

雑木の庭の風景2021年12月お気に入りショット

 

f:id:RitsGreen:20211205073106p:plain

 

モミジの紅葉が進んでいく様は素敵ですね。

 

f:id:RitsGreen:20211205073500p:plain

 

出入口側から見た南側の庭の風景

 

f:id:RitsGreen:20211205073847p:plain

 

南側の庭の風景1

 

f:id:RitsGreen:20211205074049p:plain

 

南側の庭の風景2

 

f:id:RitsGreen:20211205074344p:plain

 

西側シェード入口からの風景

 

f:id:RitsGreen:20211205074526p:plain

 

西側シェードガーデンの風景1

 

f:id:RitsGreen:20211205074754p:plain

 

西側シェードガーデンの風景2

 

f:id:RitsGreen:20211205075119p:plain

 

出入口へ向かう南側の庭の風景

 

f:id:RitsGreen:20211205075201p:plain

 

南側、黒メダカの睡蓮鉢ビオトープ

 

f:id:RitsGreen:20211205075235p:plain

 

西側、白メダカの睡蓮鉢ビオトープ

 

 

f:id:RitsGreen:20211205075338p:plain

 

家庭菜園1

植物性有機堆肥での無農薬無肥料栽培エリア

ダイコン

ゴボウ

取り残しの自然生えジャガイモ

 

f:id:RitsGreen:20211205075854p:plain

 

家庭菜園2

レイズドベッド

無農薬無肥料栽培エリア

リーフレタス

水菜を植え付け

ダイコン

ミズナ

コマツナ

ホウレンソウを種まき

 

f:id:RitsGreen:20211205075946p:plain

 

家庭菜園2

レイズドベッド

無農薬無肥料栽培エリア

垂直仕立て風ピーマンとタカノツメ

 

f:id:RitsGreen:20211205080102p:plain

 

家庭菜園3

プランターでの無農薬栽培

今年はナス、ピーマン、鷹の爪にショウガを混植しています。

 

f:id:RitsGreen:20211205080200p:plain

 

冬眠準備に入ったメダカさん

 

Menu.はこちらへ

 

丘の菜園で畑仕事2021年11月27日 菜園づくり

 

2021年11月27日の作業風景

環境再生型栽培【NoDig】ノーディグ無農薬栽培実験中

丘の菜園では畑を植物性有機堆肥とウッドチップでマルチングしながら雑草に苦しまない無農薬での野菜栽培を行っています。

 

f:id:RitsGreen:20211205060334p:plain

 

丘の菜園に向かう途中の風景です。

前回から3週間ぶりです。

日の出が遅くなって寒さが厳しくなってきました。

 

f:id:RitsGreen:20211205061014p:plain

 

丘の菜園に到着

秋が深まりました。

 

f:id:RitsGreen:20211205061918p:plain

 

天気はよいのですが富士山の周りは雲に覆われています。

 

f:id:RitsGreen:20211205062142p:plain

 

到着後のルーテーンチェック。

柵の中に獣が侵入した形跡はなし。

雑草は植物性堆肥とウッドチップでまだマルチングが済んでいないところに少し出てきました。

今回も柵の周りは畑主様がトラクターで除草してくれています。

いつも本当に感謝です。

 

f:id:RitsGreen:20211205062548p:plain

 

葉物類が虫の被害を受けています。

無農薬で野菜を栽培するのは簡単ではありません。

今年に関しては畑の準備が遅くなり葉物類の植え付けがかなり遅くなっているためある程度のことは想定内です。

実験的な栽培ですが植え付け時期の大切さを思い知らされます。

季節によっては不織布等での対策も来年以降は検討したいです。

 

f:id:RitsGreen:20211205064739p:plain


作業前のコーヒーブレイク。

一段下の近所の方の家庭菜園です。

たくさん野菜ができています

来年は丘の菜園でもたくさん野菜を収穫できるように頑張ります。

さてうちの野菜さんたちの観察をしていきましょう。

 

f:id:RitsGreen:20211205063056p:plain

 

葉物類栽培のベットです

かなりの部分で被害が出ています

しかし、虫にかじられた後から新しい芽が出ているものもあるのでそのまま放置して経過を観察していきます。

 

f:id:RitsGreen:20211205063324p:plain

 

ニンニク栽培のベットです

かなり発芽が進んねいます

発芽率80%くらいでしょうか

植え付け時の植物性有機たい肥の圧縮が不足していたようでちょっと畝が少しフカフカしすぎています。

今後の根張りが心配です

植え付け時にはしっかりと植物性有機たい肥の圧縮することが大切だと感じました。

 

f:id:RitsGreen:20211205063741p:plain

 

ホームタマネギ栽培のベットです

発芽していた芽がかなり折れています

いろいろ考えられますが年内の収穫は難しそうです。

ニンニク栽培のベットと同様に植え付け時の圧着不足を感じます。

タマネギの芽が復活することを祈ってこのまま放置して経過観察します。

この後、追加で植物性有機たい肥を入手できたのでベットを作っていきます

 

f:id:RitsGreen:20211205065536p:plain

 

葉物類栽培のベットの隣に途中まで作ってあったベットを仕上げます

植物性の有機たい肥をベットに運びました。

 

f:id:RitsGreen:20211205065804p:plain

 

植物性有機たい肥を均して圧着したところです。

 

f:id:RitsGreen:20211205065935p:plain

 

完成した新しいベットです

ベットを作っている途中に近隣で家庭菜園を行っている方が畑主様と一緒に僕の丘の菜園を見学に来れ、ここでやろうとしている無農薬栽培の事やNODIGについてお話ししました。

まだまだ実験準備中の菜園なので参考になるようなことはあまりなくちょっと申し訳ない気持ちですが興味を持ってくれる人がいてくれることが嬉しかったです。

このあとタマネギの苗を植え付けましたが写真を撮り忘れてしまいました。

 

f:id:RitsGreen:20211205071353p:plain

 

来月から植物性有機たい肥を調達できる目途が立ちました。

春に向けて丘の菜園の準備を進めていきます

 

Menu.はこちらへ