庭ツク

素人がガーデニングはじめました

 

 

 

庭づくりの記録 庭の風景2018年11月

 

2018年11

庭づくりを記録していこうと少し思い始めたのがこの頃からです。

 

f:id:RitsGreen:20211120094525p:plain

 

出入口方面からの写真です

よく言えばスッキリしています

庭木も少なく足元には雑草が目立ち始めています

この頃は雑草でも緑が茂ることが嬉しかったのを思い出します。

 

f:id:RitsGreen:20211120102237p:plain

 

南側の写真です

雑草の草原です

この季節なら個人的にはこれはこれで嫌いではないのですが。

植え付けた庭木は初年度の冬に向け早々に葉を落としています

 

f:id:RitsGreen:20211120102932p:plain

 

左手に少し見えてるハナミズキの奥の低木のような塊は無農薬無肥料放置栽培のピーマンです

驚くほどよく育って家族では『ピーマンの樹』と呼んでいました。

生垣のレッドロビンは庭師様の手によりさっぱりしながらも健康を取り戻すために頑張っているところです。

 

f:id:RitsGreen:20211120103628p:plain


西側シェードガーデンの写真です

 

f:id:RitsGreen:20211120103920p:plain


この頃は暇をみつけては家人と園芸店やホームセンターを巡って草木をたくさん観ては衝動買いを続けていました。

手前のナンテントワイライトはホームセンターで売れ残っていた子を連れて帰ってきたり、隣のニシキギコンパクタは真っ赤な紅葉にひと目ぼれ。

奥に見えるフウチソウは実家で鉢上げされていたものを地植え。

転居祝いで頂いたカボックを大胆にも地植え。

株もとに白竜やキチジョウソウで何となく雰囲気を作ってみました。

 

f:id:RitsGreen:20211120105610p:plain

 

とにかくこの頃は庭の空白地帯が気になっていろいろと植えまくってました

星形小花のグランドカバーにあこがれて植えたプラティア

 

f:id:RitsGreen:20211120110047p:plain


樹形が気に入りお手頃価格で手に入れたオタフクナンテン

 

f:id:RitsGreen:20211120110316p:plain

 

後にナンテンにはまりいろいろな品種を探しまくることになる先駆けとなった紅白ナンテン

 

f:id:RitsGreen:20211120110943p:plain


秋移植を試みた実家で株分けされた芝桜。

 

f:id:RitsGreen:20211120111108p:plain

 

ビオトープにはベニチガヤの鉢植えだけではさみしかったので詫び草を追加。

 

f:id:RitsGreen:20211120111430p:plain

 

いろいろ植えた家庭菜園

無知で適当に放置栽培で育てていた時の方が野菜が丈夫に育っていたように感じてしまいます。

 

f:id:RitsGreen:20211120111923p:plain

 

家庭菜園でも楽しく野菜を育ててみたくて寄せ植え風に作った野菜とコンパニオンプランツプランター

 

f:id:RitsGreen:20211120112208p:plain


いろいろな組み合わせで野菜の寄せ植えを作っていたのもまた懐かしく思います。

 

Menu.はこちらへ